ニードルローラベアリングの能瀬精工
A Specialist in Needle Roller Bearing Manufacturing
ニードルローラベアリング/カムフォロア/ローラフォロ/ニードルベアリング
能瀬精工株式会社
企業情報 JNSブランド | ニードルベアリング 生産体制 | ニードルベアリング ニードルベアリング製品情報 採用情報 お問合せ
HOME > 採用情報Top > 先輩からのメッセージ
採用情報 Top
会社情報
社長からのメッセージ
募集要項
FAQ 質問集
仕事紹介
先輩からのメッセージ
JNSブランド
先輩からのメッセージ
職 種:事務職
名 前:U さん(女性)
入 社:2006年入社
仕事内容:一般事務・ISO・人事担当
私は会社に入る前に独自のルートで情報を入手し「ああ、この会社だっ。この会社だったら私がやりたいことをやれる」と強いヒラメキがありました。そんな私を友人たちは「変っているね」と評しますが、これが私なんだと自負していました。そして高揚感もありました。
ところが実際入社してみると、私の予想を超えた“世界不思議発見”の連続です。入社半年後には海外展示会のプロジェクトチームのメンバー席が待っていました。驚きと戸惑いに包まれている私を尻目に会社は「だから会社説明会で、新人でも1年目に海外出張があると言っていたでしょう」と微笑んだサポート(?)です。でも本当の不思議発見は展示会に向けた準備の期間に起きていました。
入社半年の時期では会社の人全てと人間関係ができているとは言えません。そんな中、準備の期間になると、あの人も、この人も温かい支援の手を差し伸べてきてくれるのです。「大丈夫。それはコレコレだよ…」と。それまで親しく話をしていなかった方々といっきに親密な関係がつくれました。私の意見も聞いてくれました。海外展示会というきっかけが、社内で私の“個性”が輝きを増してくる。本当の支援と育成を得た時でもありました。行き届いた教育ではなく、“自らが能動的に成長できる”。そんな環境を自然体で出来ている会社。それが私が働いている能瀬精工です。
職 種:技術職
名 前:I さん(男性)
入 社:2006年入社
仕事内容:品質管理
人生のターニングポイントは人それぞれだと思います。ターニングポイントはこちらから求めることもあるかも知れないし、向こうからやってくるかも知れない。言えるのは、自分が納得のいく結果を得るまでには『時』が必要だということ。大学で専攻した分野とは少し違った仕事をする事もあります。しかし、少し違った仕事とは自分の判断であって、違った仕事を介してこれまで身に付けたスキルの磨きにつながることもあります。
言えるのは、少し違った仕事を介して私への『評価』が大きくなったということ。さらに新たな仕事が準備されはじめたということ。「エエィ、こうなったら何でもこい!。ドンとこいだっ」。
でも、この自信は身に付けた専門スキルが礎になっていることはよく理解しています。専門スキルというオペレーションシステムがあるがゆえに、新しい仕事もこなせる自信がわき出る。
「さあ仕事用のパソコンもOSを変えたことだし、自分自身のOSもバージョンアップしようか……」
職 種:海外営業職
名 前:H さん(男性)
入 社:2007年入社
仕事内容:海外営業
自分はどちらかと言うとふてぶてしい方だと認識していましたが、さすがに入社1ヶ月目は未体験の緊張の中にいます。特に昼食の時間は「間」の維持の仕方が難しい。黙々と食べたらよいのか、はたまた微笑み返しが有効なのか。さらには、食事しながらでもふてぶてしいオーラが滲み出ていないかとハラハラドキドキです(笑)。
そんな自分へ時々助け船になるのが社員食堂に設置してあるTVです。

(--TV画面は楽天の新人田中選手がプロ2勝目をあげたことを伝えている--)
私は声にならない声で「オオッ、マー君はもう2勝目か。入団まもないのに1軍で投げるなんてたいしたヤツだな」と。
野球ファンでもない自分が高校卒業まもない田中選手の1軍生活に想いをはせていると脳裏に声が聞こえた。
『オイオイ、アンタも1軍だろ。数日後にひかえた出張の準備ができたのかい』

オッとしまった。自分も会社ではいきなり1軍だった。

「先輩お先に失礼します。今週末は中近東へ出張なんで準備がありますので……」
ふてぶてしいオーラの心配は何処へやら。バタバタと資料を手にまとめ急いで席を立つ新人社員の自分がそこにあった

Copyright (C)2007 NOSE SEIKO CO.,LTD. All Rights Reserved